<< リーグ戦 VS LOOPA | main | リーグ戦最終節 >>
大学選手権2013
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - |
    練習試合vsピーズハイ
    0


      1/4は朝から練習したあと
      ルミナスでピーズハイさんと
      練習試合でした!



      25分ランニングを4試合行いました

      0-2
      0-0
      1-0(ゆうた)
      2-2(しの、こうたろう)


      最後は30分ランニングで
      2-1(こうたろう、けんちゃん)
      でした!



      この日はフィールド8人+けーすけと
      とても少人数でしたが
      その分、全員で集まって
      どういう攻め、守りが有効なのか
      試合ごとに話し合っていたので
      良かったと思いました(^O^)



      また、最初は中の声がないなあと
      思いながら見ていましたが、
      最後のほうは出せていたので
      それもいいなと思いました!



      問題点としては
      やはりまだまだガットが少ないので
      ガットをいれてDFをはがすなり、
      どうしたらボールがもらえるのか
      それぞれが考えると
      さらにいいプレーができるのでは
      ないでしょうか\(^o^)/


      さらに、
      シモンズ同士では難しい
      前プレ回避の練習にもなったので
      よかったと思います





      2015年最初の練習とゆうことでしたが
      人数が少なく、練習試合も
      参加するひとが少なかったです。
      2014年最後の練習も人数少なかったので
      みんながどのような気持ちで
      部活に臨んでいるのかなあと
      考えたりします



      今日の練習最後のMTでも言われていましたが
      最近練習もゆる〜くだらだら〜な感じで、
      このままでいいのかと疑問に思います


      リーグ戦まで残り練習は
      4回しかありません。
      それまでに、
      どうしたら勝てるのか強くなるのか
      もう一度考え直してもらえたら
      何か変わるものが
      あるのではないでしょうか(^^)



      最後のリーグ戦、
      3年生として絶対勝ちたいです。
      勝って終わりたいです。




      それではさやかでした!











      カテゴリ:- | 22:14 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 22:14 | - | - | - |
        コメント
        ノブレス・オブリージュ
        (高い身分に伴う義務)

        武士道は一言で言えば、「騎士道の規律」、武士階級の「高い身分に伴う義務」である。
        (武士道・・新渡戸稲造から)

        ++++++++

        戦いに挑むならば、武士道の精神を持つと良い。
        そして、武士道のノブレス・オブリージュを遂行することである。


        意味は・・
        戦士たる高貴な人の、本来の職分のみならず、日常生活における規範となる事。

        もっと噛み砕いて表現すると・・
        身分、職位、学位に見合った責任と模範ある行動をせよ・・だ。

        歴史を作る為に・・

        歴史を作った先輩や、今現在戦いに挑む戦士がいる。
        そんなチームの一員として、今に甘んじること無く精一杯、努力の時間を継続することが大事。
        生活が行動に出る事を自覚し、人よりたくさん学問を学び、スポーツで心身を鍛えることをサボらず、今しか出来ない人生の競争にしっかり向かうことが君達の責任となる。

        人は、志しと仲間で成長するんだ、今をサボってはいけない、今やらなくていつやるんだい。

        | けんぷーしだ | 2015/01/26 12:11 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://simons.jugem.jp/trackback/176
        トラックバック